【図解】目が痛い!画面の温度を温かくするNight Shiftの設定方法!

 

 

 

買ったばかりのiphoneの操作は複雑で理解しにくいでしょう。中でも明るさの調節は複雑で、設定がややこしいです。

 

とくにバスや電車の中でiPhoneを操作していて、画面が勝手に急に明るくなったり暗くなったりしませんか?

 

このようにiPhoneは明るさを一定に保てるように周りに合わせて自動調整してくれるんです!

 

すごい便利だと思いますよね。

 

しかし便利な反面、このままでは目がチカチカして痛いですよね。

 

そんなiPhoneの明るさの調整・解除の方法を解説します!

 

 

 

Night Shiftの設定方法

 

Night Shiftの設定方法は、2つあります。

 

1つ目は「設定」から操作する方法です。

 

 

 

 

 

「設定」から「画面表示と明るさ」をタップします。

 

「画面表示と明るさ」の中にある「Night Shift」の項目を選択します。

 

 

 

上から画面を暖かくする時間の範囲の設定、有効か無効にするかの設定、色温度の設定ができます。

 

お好みの設定にしましょう。

 

私は全ての時間、最大の暖かさで設定していますね(笑)。

 

これで設定完了です!

 

2つ目は「コントロールセンター」から操作する方法です。

 

画面下から「コントロールセンター」をスワイプして出します。

 

 

太陽マークが書いてあるところを長押しします。

 

 

さらに太陽マーク(Night Shift)を押して、オレンジ色になるまで押します。

 

これで設定完了です!

 

Night Shiftを設定することで以下のような効果が得られます

 

Night Shiftでは、日が暮れるとディスプレイの色が自動的にカラースペクトラムの一番暖かい色に変更されます。これは、夜よく眠るのに役に立つ可能性があります。iPhone7のNight Shiftの設定より引用

 

これを設定することによって画面から発せられるブルーライトをカットすることができます。

 

夜よく眠るのに役立つほど優しい光なんでしょうね〜。

 

以前私はiPhoneのライトが極端に苦手なお婆さんにお会いしたことがあります。

 

画面ライトの明るさの感じ方は人それぞれだし、目の病気を抱えている方だっています。

 

ブルーライトカット機能は目の保護にとても優しい機能です。

 

ありがたいですよね。私は一日中常に設定していても良いと思います。

 

このような健康的に良い機能がアップデートと同時にさらに普及していくことを願いたいですね。

 

画面をさらに暗くしたい場合はこちら

【図解】明るすぎるiPhoneの画面を限界まで暗くする方法!アプリのインストールなし

 

まとめ

 

このように明るさを固定化することによって、激しい電池の消耗も抑えることができます。

 

節約にも良いですよね〜

 

できれば設定を複雑にしないで一つに集約してほしいところですね。

 

いずれにしてもスマホ初心者にはわかりづらかったと思います。

 

ぜひ自分に合ったiPhoneにカスタマイズしていきましょう!