【図解】明るすぎるiPhoneの画面を限界まで暗くする方法!アプリのインストールなし

 

画面を見ていて明るすぎると感じたことがある方は多いでしょう。

 

明るすぎるのでサングラスをかけて対処するという方法もありますが、もっと良い方法があります。

 

アプリを何もインストールせずに、スマホ内で設定・対処することができますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

明るすぎるiPhoneの画面を限界まで暗くする方法!アプリのインストールなし

 

夜中に布団の中でiPhoneを操作することもあるでしょう。

 

しかし、最大まで暗くしても画面がなんとなく明るすぎる…

 

もう少し暗くならないかな〜?

 

そう考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

実は明るさを極限までに下げる設定があります。

 

それはズーム機能を使って画面を暗くする方法です。

 

ズーム機能を使うのでアプリのインストールは無しです。これで明るすぎるiPhoneの画面を限界まで暗くすることができます。

 

ちなみにNight Shiftを設定する方法でも画面の明るさの温度を下げて、目に優しい設定にすることができます。

 

 

 

ズーム機能?一瞬なにそれ?的な感じですがとりあえず善は急げということで試してみましょう。

 

まずはiPhoneの「設定」を開きます。

 

 

「一般」から「アクセシビリティ」をタップ。

 

 

 

ここまでは画面の明るさを自動調整する方法と同じですね。

 

ですがここから違います。少し厄介ですが付いてきてください。

 

 

「ズーム機能」をタップします。

 

 

 

すると「ズームフィルタ」あるのでここを「低照度」に選択。

 

あとは下のホームボタンをトリプルタップしてみてください。

 

そうするとこれまで以上に暗くなります。

 

これで夜暗い時のスマホ操作も多少は安心ですね。

 

もちろん明るさの感じ方には人それぞれ個人差があります。

 

目の瞳孔に優しい設定ですよね。

 

 

 

まとめ

 

iphoneを初めて買った時は設定の方法がわからないでしょう。

 

画面を極限まで暗く設定することができれば、暗いところでも周りに迷惑をかけずに安心して見られますね!

 

目が痛くなる前にぜひ試して見てくださいね。