【図解】スマートフォンで簡単!JASRACへの無料登録方法と手順

 

「自分の作品を自分の権利で利用したい」

 

「他人に自分の作品をコピペなど悪用されたくない」

 

そう思っている方も多いでしょう。せっかく時間と労力を掛けて作ったのに、利益も含め権利を奪われては元も子もありません。

 

そこで音楽の著作権を守るJASRACへの登録方法を図で解説します。

 

 

【図解】JASRACへの無料登録方法と手順

 

まずはスマートフォンで手軽にできるのでスマートフォンを用意しましょう。

 

こちらのURLにアクセスします。

 

 

「楽譜・CD・ビデオ等」をタップします。

 

 

「ようこそ、J-RAPPへ」と表示されるので、そのまま下までスクロールします。

 

 

初めて登録するので「ログインIDをお持ちでない方」から緑のボタンの「利用窓口開設申込」をタップ。

 

すると「利用規約」の画面に遷移するので「同意する」をタップ。

 

 

 

 

 

 

「ご利用者様の情報入力」の画面になるので個人・法人でそれぞれ必要事項を入力しましょう。

 

下の方にメールアドレスを入力する欄があるので忘れないように入力して下さい。

 

・氏名

・住所

・電話番号

・FAX

・メールアドレス

 

個人の場合、団体名などは個人名で良いでしょう。

 

私は「今時FAX?(笑)」と思ったのでFAXの入力は省きましたが行けました。

 

すべての工程が終わったら「次へ」ボタンを押して入力内容を確認しましょう。

 

ちなみに、ここで入力内容の画面のスクリーンショットを撮っておくと、あとの書類入力の手間が省けます。 

 

 

「出版利用についての情報入力」

「録音利用についての情報入力」

「映像ソフト録音利用についての情報入力」

 

の欄を入力し「入力情報の確認」に移りましょう。

 

「ご利用者様の情報入力」とほぼ同じです。変わらなければこのままで良いでしょう。

 

郵送かFAXで送る書類がURLで提示してあるのでダウンロードして印刷しましょう。

 

印刷する場合、そのまま印刷するとA4用紙2枚に印刷されて、捺印の欄が切れてしまいます。

 

拡大率を下げて印刷しましょう。

 

私は75%に縮小して1枚のA4用紙に印刷しました。

 

書類に書く内容は入力内容と同じです。印鑑を押すのを忘れずに。未成年の場合は親権者の記入も必要です。

 

封筒と82円切手を用意し早速送りましょう。

 

登録したメールアドレスに以下のようなメールが届きます。

 

ここからも用紙を印刷することができます。

 

これで登録完了です!

 

 

手順を追えば無料で簡単に登録できるのでぜひ一度やってみてくださいね。

 

 

まとめ

 

作品から得た収益などは全て作品を作った人に帰属します。

 

例えば学校の授業で作った作品も、それは先生のものではないのです。

 

盗作は立派な犯罪行為です。ジャイアンの「お前のものは俺のもの」もダメですよね。

 

自分の権利はしっかり自分で守りましょう。