SIMロック解除は乗り換える前の最初に!データは壊れないので先に自分で解除

 

「SIMロック解除義務化」がスタートしのは20155月のことです

そんなわけで大手三大携帯会社買ったスマホ変えずに乗り換えすることが可能になりました

 

MNP転出届を提出すれば解約手続き完了となります

 

しかしまれにSIMロック解除をしないでMNP発行してしまう場合もあるでしょう。

 

解約するにはMNP番号のほかに、SIMロック解除が必要になってきます

 

どのタイミングでSIMロック解除すればよいのでしょうか

 

SIMロック解除MNP手続きの

結論から申し上げますMNP転出証明書発行前に済ませておく必要があります

 SIMロック解除には3つの方法があります

 

店頭解除してもらう

インターネットで解除する

 

の場合は3,000円手数料がかかってしまいます。1冊の良い買える値段です痛いですね。

 

さらに待ち時間が長くかかってしまいます。店内で2時間も待たされるケースもあります。一番良いのは②です。

 

しかしでは全部あなたご自身でお手続きしなければなりません。

このSIMロック解除の登録順序に失敗すると円滑にお手続きするのが困難になります。

 

ちなみにMNPのお手続きを先に進めてしまうと、auの場合はこのようにエラーメッセージが表示されてしまいます。

 

 

 

 

 

ご自身でのインターネットの解除手続きもできなくなってしまいます。

 

結果、お店で解約しなければなりません。3,000円も取られます。ちょっとひどいですよね。

 

 

携帯会社が認めているSIMロック解除は「契約中にのみ請求できる」という条件付きです

 

My auやMy SoftBankなどの自分のサイト契約中にしか使えないためです

 

SIMロック解除は一番先にやりましょう。

 

UQ mobile

 

SIMロック解除とは

SIMロックってなんなの?と思われるかたも多いでしょう。SIMロック解除について、いまだによく理解できていない方向けに簡単に解説しております。

 

SIMロックは、スマホに対してある特定の携帯会社(キャリア)のみしか使用できなくする設定ことです

auであればauのみ。ドコモであればドコモのみの携帯電話特有の設定です。これによって、電話番号も他のUQモバイルやLINEモバイルなどの会社に乗り換えても使えなくなってしまいます。

このSIMのロックを解除できれば原則としてどの携帯会社でも自分の電話番号を自由に使うことができます

 

なおSIMロック解除には以下のような端末にしか対応していないのでご確認ください。

 

  • 20155以降に発売された端末であること
  • 端末購入から101日以上経過していること
  • SIMロック解除に対応した機種であること
  • 契約本人購入の履歴があること
  • 端末代金支払いを終えていること

 

しかしSIMはスマホ端末の中に入っているため、解除した場合壊れてしまわないか心配な方も多いでしょう。

 

SIMロック解除したら携帯が壊れるのでは…?

SIMロック解除は公式のキャリアも認めているため自分で安全に解除することができます。

 

解除することによって例えば、スマホが壊れるほか、アプリや写真、連絡先などのすべてのデータが消去されたりすることはありません。

 

正しい方法で解除すれば大丈夫です。

 

まとめ

いかがでしたか?もしまだ不明点があった場合はほかのサイトもご覧ください。

 

auは待ち時間が長かったり、違約金やそのほか安いプランのことを説明されたり、基本的にはお客様を引き留めてなかなか解約に持ち込ませてくれないケースが多いです。

 

お客様の意志としては「解約したい」という思いが強いはずなのにauは対応が自分勝手で理不尽ですよね。

 

ちなみに私は高速回線の格安SIMのUQモバイルに乗り換えました。

 

ぜひ最初にSIMロック解除をしてみてくださいね。

 

UQ mobile