mineoの月額料金プランと注意点について解説!すべてのキャリア回線で使用できるのでおすすめ

 

mineoは3つのプランがあります。docomo回線のドコモプラン(Dプラン)、au回線のauプラン(Aプラン)、SoftBank回線のソフトバンクプラン(Sプラン)です。

 

以下に参考までに比較表を載せています。デュアルタイプとシングルタイプの2つのプランがあります。

 

mineoの月額料金プランについて!500MBから30GBまでたくさん

デュアルタイプというのは、データ通信と090や080などからはじまる電話番号のSIMカードを指しています。

つまり、これまでに大手三大携帯会社で使っていた電話番号をMNPを使ってそのまま乗り換えることが可能です。
 

mineo

 
 

デュアルタイプ(データ通信+音声通話)

データ容量 Dプラン Aプラン Sプラン
500MB 1,400円 1,310円 1,750円
3GB 1,600円 1,510円 1,950円
6GB 2,280円 2,190円 2,630円
10GB 3,220円 3,130円 3,570円
20GB 4,680円 4,590円 5,030円
30GB 6,600円 6,510円 6,950円

一番高額なのはソフトバンクプラン(Sプラン)です。続いてドコモプラン(Dプラン)、そして一番安価なのはauプラン(Aプラン)です。

このように各会社の回線によっては月ごとの料金を変わってくるので、選ぶときは注意しましょう。もちろん速度も回線によって違うのでよく考えてから選びましょう。

 

シングルタイプ(データ通信のみ)

データ容量 Dプラン・Aプラン Sプラン
500MB 700円 790円
3GB 900円 990円
6GB 1,580円 1,670円
10GB 2,520円 2,610円
20GB 3,980円 4,070円
30GB 5,900円 5,990円

次にシングルタイププランの場合です。

シングルタイプというのは、データ通信のみ使用可能なSIMカードを指しています。

090や080などから始まる電話番号は使えないので、これまでに大手三大携帯会社で使っていた電話番号をMNPを使ってそのまま乗り換えることはできません。しかし、LINEで無料通話はできます。

このように、ソフトバンクプラン(Sプラン)だけが90円程高額になっています。

ちなみにauプラン(Aプラン)でiPhoneのテザリングできませんでしたが(2018年10月時点)、今はほとんどのiPhoneでテザリングできるようになっています。ただし条件付きです。

mineo

 

現在使用中のスマホをそのままmineoに乗り換える際の注意事項について

 

 

今大手三大携帯会社(ドコモ・au・ソフトバンク)で契約しているiPhoneはそのままmineoに乗り換えて使用できます。ですが注意して頂きたいポイントが何点かあります。一つひとつご覧ください。

 

あなたのiPhoneにふさわしいmineoのプランに加入すること

Apple StoreなどでSIMフリーのiPhoneを買った方は、何処のプランでも使用することができますが、auで買ったiPhoneを使用している方はauプランを、docomoの方はドコモプランを、SoftBankの方はソフトバンクプランを選びましょう。

ですがSIMロック解除をすれば、買った携帯会社以外の回線を自由に選択することができます。

SIMロックはiPhone6s以後のiPhoneならば解除可能です。ついでにiPhone6は解除不可能なので理解しておきましょう。SIMロック解除はこちらの記事で解説しております。ご覧ください。

 

Aプラン(au)でiPhoneのテザリングを行うためにはau VoLTE対応したSIMを選ぶこと

mineoでauプラン(Aプラン)でiPhoneのテザリングできませんでしたが(2018年10月時点)、今はほとんどのiPhoneでテザリングできるようになりました。

その場合は、au VoLTE対応SIM(nanoサイズ)を選択しましょう。

従来のnanoSIMであればテザリングができませんので十分気を付けて下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?各携帯会社の回線によって料金が違うことが理解できたかと思います。

ほかにもSIMロック解除、乗り換えの方法や手順について詳しく知る必要があります。

自分のスマホに合ったプランを契約しましょう。

紹介CP