SIMロック解除対象端末の判別方法とは?条件を確かめよう【au】

 

格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクの各回線を借用し設備コストを抑制して顧客にサービスを与えることによって、月々の携帯料金の低価格をキープすることができています。

mineo・UQモバイル・IIJmioはauの回線を利用していますが、それ以外のほとんどの格安SIMはドコモの回線を使っています。

例えばドコモで買ったスマホをそのままドコモ回線の格安SIMで用いる際、SIMロックの解除不要で使用できます。

ですがSIMロック解除を行うと、各回線に縛られることなく好きなキャリアに乗り換えられるので、国内外の多くの国でもその地域で対応しているSIMカードを利用して低価格でスマホ端末を使用可能です。

ちなみにauのSIMロック解除を専門店で行えばその分の取扱手数料が3,000円(税抜)も掛かってしまいます。

ですがインターネットで自分自身で解除を行うと手数料が掛からないうえ短時間で作業終了できます。

当サイトではauスマホのSIMロック解除に関わる対象端末の判別方法について具体的に説明していきます。

mineo

 

 

SIMロック解除対象端末の判別方法とは?条件を確かめよう【au】

SIMロックは、スマホに対してある特定の携帯会社(キャリア)のみしか使用できなくする設定のことです。端的にわかりやすく例えるならば、大手キャリアが意図的に客を逃がさないために掛けた手錠です。

auであればauのみ。ドコモであればドコモのみの携帯電話特有の設定です。これによって、電話番号も他のUQモバイルやLINEモバイルなどの会社に乗り換えても使えなくなってしまいます。

このSIMのロックを解除できれば、原則としてどの携帯会社でも自分の電話番号を自由に使うことができます。海外のSIMカードを契約する際もすべて自分でできるようになってしまうので便利です。

auのSIMロック解除の対象端末は以下の通りです。他社の携帯へ乗り換える前に一番最初に済ませておきましょう。こちらのサイトでも解説しております。
 

 

  • 2015年5月以降に発売された端末であること
  • 契約者本人の解除(本人でない場合は別途代理人委任状必要です)
  • 端末購入から101日以上経過していること(一括払いで買った際、購入当日からSIMロック解除できます
  • SIMロック解除に対応した機種であること
  • 故障していないかどうか(故障していれば修理のあとにお申し込みしましょう)
  • 契約者本人の購入の履歴があること
  • 端末代金の支払いを終えていること
  • 解約日から100日以内(au専門店のみ対応)

 

 

SIMロック解除の対応端末の例

メーカー 対応端末
Apple 6s以降のiPhone
SAMSUNG S6以降のGalaxy
Sony Z4以降のXperia

 

このように2015年5月以後にauから売り出された携帯のほとんどは、SIMロック解除ができます。

表に載っていないKYOCERA・SHARP・LG・HTCのメーカーは、auのオフィシャルサイトでSIMロック解除ができるかをチェックしましょう。

確認のやり方は下にある手順です。

 

auオフィシャルサイトのSIMロック解除の検索の手順

 
1、トップの画面の左上メニューバーをタップ。
 
2、検索バーに「SIMロック解除 対象機種」を打ち込む
 
3、下記にURL「SIMロック解除のお手続き~」が表示されるのでタップ。
 
4、その中にある「機種別対応周波数帯一覧はこちら」ボタンをタップ。

 

このように順を踏んでいけば、自分の端末がSIMロック解除に対応しているか簡単に調べることができます。

IIJmioみおふぉん(eSIM)

 

SIMロック解除先とは?自分で手軽に解除【au】

 

SIMロック解除の対象かどうかわかったら早速SIMロック解除を行いましょう。

auのSIMロック解除先は以下の通りです。

 

auのSIMロック解除先

 
 
  • スマートフォン
  • PC
  • au専門店

 

SIMロック解除を行うと、各回線に縛られることなく好きなキャリアに乗り換えられるので、国内外の多くの国でもその地域で対応しているSIMカードを利用して低価格でスマホ端末を使用可能です。

ちなみにauのSIMロック解除専門店で行えばその分の取扱手数料3,000円抜)掛かってしまいますだと3,240円でょう
 
 
 
お店だと待ち時間も長くかかってしまいますよね。1~2時間覚悟していた方がよろしいでしょう

ですがインターネットで自分自身で解除を行うと手数料掛からないうえ短時間で作業終了できます

ぜひスマホパソコンでお得に解除してみましょう

 

まとめ

 

auが高いということは、長年auのユーザーであれば理解しにくいでしょう。今は格安スマホといった安い端末やSIMが横行してきています。

しかし現在2019年時点での格安SIM国内ユーザーは約20%だと言われています。

まだまだ使用している人数は少ないですが決して使えない怪しい携帯ではなく、使い方によっては非常に便利に使えます。ぜひ試してみてくださいね。

UQ mobile