葉酸の摂取はいつ?妊娠前?妊娠後では遅い?適切な摂取量や効果・働き

 
妊活時に欠かせないといわれる成分の葉酸。葉酸とはビタミンBのひとつです。
 
ほうれん草・ブロッコリー・レバー等にも含まれますが食事からそのまま取り入れることは難しいといわれています。
 
また、葉酸の効果や働き、取る時期はいつからいつまでなのでしょうか。当サイトではこれらのことについて解説していきます。
 

葉酸の摂取はいつ?妊娠前?妊娠後では遅い?

葉酸とは

 

葉酸とはビタミンBのひとつでほうれん草・ブロッコリー・レバー等にたくさんあります

しかし葉酸というのはが原因で無くなったり簡単に溶けることから排泄時に一緒に出ていってしまったり普段の食生活より必要な摂取量維持していくのは困難だとされています

そのため厚労省は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害などの病気の危険性を最小限に抑制するためママさん食事での摂取以外に、サプリメント(健康機能食品)で栄養を保持することを進めています

 

葉酸の恵み

葉酸の摂取の時期はいつなのか

葉酸というのは細胞の繁殖成長に欠かせないDNAを結び付きやすくさせる効果が存在します

の通知によると最少でも妊娠の前3ヶ妊娠後の3ヶの間は、食生活のみならずサプリメントも摂取して葉酸を取ることを推奨しております。

葉酸妊娠の初めだけ摂取できれば十分ではないのです妊娠以後も引き続き胎児ボディ形成のため葉酸の摂取は必要になります

妊娠後授乳期のサプリメントもあるくらいです。また、胎児の神経管閉鎖障害発症の危険性を少しでも減退させるため、妊活の最中葉酸のサプリメントを不足しないよう服用し続けることが良いです

 

妊娠前に葉酸を摂取する重要性

葉酸摂取妊娠の3ヶ以前から推奨されている理由は次の通りです。

のお知らせでは胎児病気である神経管閉鎖障害脊髄などの中枢神経構成される45目に現れます

妊娠最初の状態を対象にした母体葉酸を十分に取り入れることによって全身の葉酸増加し胎児神経管閉鎖障害危険性を最小限まで食い止めることができます

ですがそれとは裏腹に妊婦さん妊娠を把握することができる時期は妊娠4からが一般的です

すなわちこの時期まで熱心に葉酸を摂取していなかったならば、45を境に、全身葉酸が不足していたという事実が発覚ます

ですので妊娠望んだ瞬間から数か月以降、一日葉酸400㎍をサプリメントで取り入れることをおすすめします

さらに葉酸を取ることによって、妊娠に最適なボディ形成にも役立つと言われています

葉酸の効果としては、細胞の繁殖を早めたり宮の膜を頑丈にしてくれたり赤ちゃんにとって最適な環境を整備してくれるからです

 

葉酸の適切な摂取量および含まれている野菜

大人の女性毎日の葉酸の服用規準240µgとなります

それから妊娠の早い時期いつもの食生活の葉酸の服用にプラスして葉酸400µgをサプリメントから取り込むことが勧められております

とりわけ妊娠から1ヶ月妊娠後の3ヶ月間、必要分量の葉酸を体に取り入れることによって胎児病気の発症率を減少させることができる重要な期間です

妊活をスタートした妊娠1ヶ月前と認識し葉酸を十分に取り入れることをおすすめします

ちなみに葉酸と想像できると思いますがもの色のたくさんあります

例えば枝豆やほうれん草ブロッコリーが当てはまります。ついでにブロッコリーの25%入っている葉酸105μg50gに入っている葉酸は160μgす。

できるなら健康的に食生活のみで葉酸の服用を意識したいところではありますが、熱で分解されたり水に溶けたりするので、サプリメントを活用して不足なく葉酸を取り入れることが良いでしょう

 

 

まとめ

いかがでしたか。自分赤ちゃんに合った良いサプリメント選んで上手に葉酸を補給しましょう。

厚労省が勧めているサプリメントは以下のサイトで紹介しておりますので、ぜひこれからの赤ちゃんの誕生のために役立ててみてくださいね。

 

冷え性で冬は妊娠しにくい?おすすめのサプリメント4選と基礎体温の測り方

 

【2019年最新】不妊症におすすめのサプリメント3選!亜鉛・ピニトール・ジンジャーなど