OCNモバイルONEの基本料金やお申込み・解約方法のまとめ!

 

OCNモバイルONEは格安SIMの一つで、提供元は「NTTコミュニケーションズ」です。

OCNモバイルONEのメリットは、通話やチャットで機能や基本料などのお問い合わせが可能で、オペレーティングシステムなどの支援も充実しています。

また、通話やチャットなどで対応してくれるオペレーターも親切で迅速な対応でとても安心です。

その他にも他社にはない1日毎プランや独特なかけ放題プランも充実しています。

この機会に家族全員でOCNモバイルONEに乗り換えて、パケットをシェア可能な「シェアプラン」を利用して、基本料家族5人で1カ月1万円以下に節約することもできます。

それではOCNモバイルONEの基本料や申し込み手続き、解約手続きまで一挙に解説していきます。

 
 

OCNモバイルONEの基本料について

 

格安SIMに乗り換える際に一番最初にチェックしたいのは基本料でしょう。

OCNモバイルONEのプランは、1日毎から1か月毎まで細かくパケットを設定することができます。

さらに複数の端末でもパケットを分け合うことが可能なオプションもあるため、上手く利用すれば大幅に月額基本料を節減可能です。

 

OCNモバイルONEの月額基本料はいくら?

OCNモバイルONEの基本料は、パケットが月あたりのプランのほか、1日あたりのプランという他のキャリアにはない独特なプランが存在しています。

それでは、OCNモバイルONEの基本料について順を追って見ていきます。

 

OCNモバイルONEの月額料金(税抜)

通信容量 データ専用SIM SMS対応データ通信専用SIM 音声通話SIM
110MB/日 900円 1,020円 1,600円
170MB/日 1,380円 1,500円 2,080円
3GB/月 1,100円 1,220円 1,800円
6GB/月 1,450円 1,570円 2,150円
10GB/月 2,300円 2,420円 3,000円
20GB/月 4,150円 4,270円 4,850円
30GB/月 6,050円 6,170円 6,750円
15GB/月※ 1,800円 1,920円 2,500円
注:但し普通より遅めの500kbps

 

頭が090などの番号での発信は別途「音声通話SIM」プランのお申込みが必須です。しかし、050などから始まるIP電話や無料通話アプリを使うなら「データ専用SIM」プランで電話できます。

音声通話SIMのユーザーだけが使用可能なアプリである「OCNでんわ」を使えば、従来「30秒あたり20円」の電話利用料金が「30秒あたり10円」の50%オフになります。

さらに月額利用料がただになるため、絶対インストールしておきたいアプリです。

しかしOCNモバイルONEのお手続きの時は、初回の手数料が初期工事費用3,000円(税別)とSIMカードの手配料が394円(税別)かかってしまいます。
 
 

家族など複数台のスマホ・タブレットで使うなら「シェアプラン」

家族同士で利用料を少なくしたい場合や、スマホやタブレットなど複数の端末を使う場合は、パケットをシェア可能な「シェアプラン」が安くなっています。

パケットは最大5枚のSIMカードを家族とシェア可能です。

また、新規契約と合わせてシェアプランの手続きをする際、SIMカードの追加手数料は無料になります。しかし、SIMカード手配料1枚につき394円(税抜)かかってしまいます。

 

SIMカードを追加する場合は契約の種類によって違うので注意しましょう。

 

OCNモバイルONEシェアプランのSIMカード1枚あたりの料金

契約の種類 基本料(税抜)
音声対応SIMカード 1,100円
SMS対応データ通信専用SIMカード 520円
データ専用SIMカード 400円
 

かけ放題オプションとは

 

昔の格安SIMはかけ放題機能がなかったので月々の電話利用料金が高額だったことも。

ですが、今はたくさんの格安SIMにかけ放題機能を実施していて、その中でもOCNモバイルONEは大人気です。

 

OCNモバイルONEのかけ放題オプション3点!

オプション 月額料金 内容
10分かけ放題 850円 国内通話に限り10分まで何度でもかけ放題
トップ3かけ放題 850円 月毎に上位3つの電話番号が無料
かけ放題ダブル 1,300円 10分かけ放題とトップ3かけ放題のセット

 

格安SIMには無制限かけ放題機能がなく、ドコモ・au・ソフトバンクを継続している方も多いでしょう。

しかしOCNモバイルONEの「トップ3かけ放題」や「かけ放題ダブル」をうまく活用していけば、通話料も安く節約できます。

家族や友人と長電話してしまう方にもOCNモバイルONEは推奨できます。
 
 

スマートフォン端末の準備手順

 

OCNモバイルONEで使うスマートフォンは以下手順で用意します。

  • スマートフォンのセットを買う
  • 別で自分で買って準備しておく

 

OCNモバイルONEには「スマホセット」というサービスがあります。これはスマホ端末とSIMカードをセットで買うことができるという仕組みです。

スマートフォン自体を初めて購入する場合や新しく購入したいという場合はスマホセットを選択されると良いでしょう。

値段は1,000円単位の安いものから2万円単位の高価なものまでさまざまです。

一括購入のみならず分割購入も可能なので、お気に入りの端末を選択しましょう。

なお自分でスマートフォンを準備される際は、以下です。

  • 今使用している端末をそのまま使っていく
  • 新品の端末を買う
  • 中古端末を買う

 

OCNモバイルONEではiPhoneのみ売られていません。ですが、今まで使っていたiPhoneが使えます。

また、OCNモバイルONEはドコモ回線を借りているため、前にauやソフトバンクでスマホを買って使っていた場合、手続きより事前にSIMロック解除も必須となります。

お申込み & MNPで気を付けること

 

OCNモバイルONEのお申し込み手続きはWEBで手軽に可能です。

あらかじめ準備しておくものは、本人確認書類やメールアドレスなどです。

OCNモバイルONEに音声通話SIMを新規申し込みしたら新しい電話番号を入手できます。

あるいは、MNPを使って前のキャリアで使用していた電話番号をそのまま乗り換えることもできます。

但しその際は、お申し込みの時期次第では初回月に手数料が発生してしまいます。

以上の方法でOCNモバイルONEを申し込めばSIMカードは約2~3日で到着します。

 

「OCNモバイルMNP乗り換えの最良の時期とは?MNP転入や日割り計算について」

 

APNの設定は短時間でできる!

SIMカードが到着したら、ネットサーフィンや通話ができるように以下APNの設定をしましょう。

iPhoneで設定する際は、Wi-Fi環境下で「プロファイル構成」をインストールするのみです。

Androidで設定する際は、「APN設定」で通信に必要な情報を入力しましょう。

しかもこう言った設定すべてが短時間でできるので良心的です。ですが万が一不明な点があれば、通話やチャットを通してオペレーターにお問い合わせすることも可能です。

 

 

OCNモバイルONEの速さは?

 

OCNモバイルONEの速度は、ほかのMVNOと比較してもとくに速くはないと感じることが多いのではないでしょうか。

たしかに朝の通勤時間帯や昼間の時など比較的人が多く携帯を使っている時間は、地域次第では回線が混雑し速度がゆっくり目です。

しかし実際は、OCNモバイルONEで速度が遅くなっても、YouTubeで動画を見たり、ネットサーフィンをしたりするときの読み込みは快適にできるようです。

ちなみにMVNOというのは、電話やインターネット回線をドコモ・au・ソフトバンクから借りて提供している基本料が低い携帯会社です。

 

OCNモバイルONEの変更と解約のお手続き

 

端末を実際に利用していくと、人によってはパケットが残ってしまったり、逆に足りなかったりすることもあるでしょう。

ところがOCNモバイルONEであればマイページからすぐにプランの変更も可能なので、自分に合ったプランを選択することも可能です。

ちなみに変更できるのは月1回のみです。

またSIMカードの大きさを後で変えることもできますが、契約の種類次第で変更手順や料金が違ってきます。

 

音声対応SIMサイズの変更手続きはフリーダイヤル

音声対応SIMのカードサイズを変更をする場合、「カスタマーフロント」からOCNのフリーダイヤルにお申し込みします。

 

OCNモバイルONE「カスタマーズフロント」

フリーダイヤル:0120-506-506
営業時間:日曜・祝日・年末年始を除く10:00~19:00
 
注:IP電話でフリーダイヤルに繋がらない際は050-3786-0506(有料)

音声対応SIMカードサイズ変更には以下料金(税抜)が発生します。

  • SIMカード変更手数料3,000円
  • SIMカード手配料394円
 

データ通信専用SIMのサイズ変更はOCNマイページから申し込み

 
データ通信専用SIMのサイズ変更手順は以下です。

 

1、OCNマイページから「SIMカード追加」のお申し込み

2、追加したSIMカードが届く

3、新規SIMカード到着後、前のSIMカードを解約する

 

サイズの変更は以下手数料が発生します。

  • SIMカード手配料394円
  • SIMカード追加手数料

 

なお料金プランやSIMサイズの変更でも対処不可能なときは解約しかないです。OCNモバイルONEを解約する際は、最低利用期間と違約金に気を付けてくださいね。

 

まとめ

 

本記事ではOCNモバイルONEのお申し込みから解約まで一挙に解説しました。

このようにOCNモバイルONEは、プランの種類がたくさんあって、しかもサポート体制も良いです。

例として1日あたりのプランやかけ放題プランなどです。

けれども速度は、OCN以外の格安SIMに比較すると少し遅い感じです。ですが昼間・通勤時間帯以外の普通の時間は難なく使うことが可能です。

もしかしたら今後回線の工事によって速くなるのかもしれません。

電話利用料金を安くする方法としては「OCNでんわ」や「050 plus」などのアプリを利用することや、シェアプランで家族同士で利用料を大幅節減することができます。ぜひ試してみてくださいね。