肉割れに効果的なベルタマザークリームの成分!ニオイや副作用は?

妊娠時期に心配される項目の1つが妊娠線による肉割れです。

妊娠線は皮膚が急激に伸びてしまうことによりできてしまいます。

恐らく妊娠線が初の方で「妊娠線を知らなかった」というケースもあるでしょう。

ですが、妊娠線で肉割れができてしまってからの対処は難しいものです。

どうしても妊娠線を防ぎたいという場合は妊娠線の専用クリームを選びましょう。

妊娠クリームの中でも有名でメジャーなのがベルタマザークリームです。

本サイトではベルタマザークリームの成分について解説していきます。

 

↓ベルタマザークリームはこちら

 

 

ベルタマザークリームの天然成分

へスぺリジン

抗酸化作用や血の巡りの改善、抗アレルギー効果が期待されます。

これらの効果によって、毛細血管を正常に整え、肌の質を改善できます。

また、ヘスペリジンは水溶性のあるビタミンPとも呼ばれます。

相原さん
相原さん
みかんの皮や筋にたくさん含まれています。

 

・シラノール誘導体

ベルタマザークリームの代表といわれる成分がシラノール誘導体。

シラノール誘導体は、肌にハリを与えてくれるため、妊娠中に伸びてしまう皮膚を整えてくれます。

 

 

・カニナバラ果実エキス

ローズヒップの実から取れる成分です。ビタミンA・Cやミネラル配合で肌に保湿効果を与え、肌荒れを予防します。

 

 

・セイヨウサンザシ果実エキス

バラ科セイヨウサンザシから取れる成分です。美白効果や抗菌化作用、抗炎症作用があります。

 

 

・ミリスチルアルコール

天然のパーム油、ヤシ油から取れる成分です。

ミリスチルアルコールは乳化安定剤に代わる成分なので肌の刺激や乾燥の心配はないでしょう。

相原さん
相原さん
揮発性のアルコールではないので安心して使えます。

 

・BG

1,3‐ブチレングリコールのことです。抗菌作用や保水効果が期待できます。ビタミンCが含まれているスキンケア化粧品の防腐剤の役割も担います。

 

 

↓ベルタマザークリームはこちら

 

成分の副作用やクリームのニオイ

 

経皮毒や敏感肌、アレルギー性の肌の場合はBG無添加の化粧品が良いでしょう。

しかし、他のBG無添加の化粧品は少ないです。

また、ベルタマザークリーム以外の商品には、シラノール誘導体が含まれていないことがほとんどです。

このようにベルタマザークリームには天然成分が豊富に含まれています。

むしろ安全なので、副作用に対しての口コミも見られませんでした。

万が一肌のかぶれやアレルギーが心配な場合は一度医師へ持っていき、相談してみることをおすすめします。

また、このクリームは爽やかな柑橘系のニオイを放ちます。

苦手な場合もあるかもしれませんが、継続して使用しているうちに段々慣れてくることもあります。

相原さん
相原さん
ニオイの感覚には個人差があるでしょう。

 

口コミはこちらにまとめています。

→「ベルタマザークリーム体験者の口コミ!肉割れに効果的」はこちら

 

まとめ

 

ベルタマザークリームには、8種類の無添加オーガニックが含まれていて高レベルの肌にはとても優しい成分です。

また、ベルタマザークリームのレビューを見ると、多少の敏感肌でも問題なく使用できている方が多いそうです。

もし副作用が心配な場合は一度パッチテストを行い、本当に肌に適しているか確かめてみましょう。

 

↓ベルタマザークリームはこちら