生活費の内訳はいくら?スマホ通信費を確実に安くする方法

 

突然ですが皆さんの生活費はどれくらいでしょうか。せいぜい1ヶ月の生活費は5万〜8万円くらいのところが多いでしょう

都会に暮らしていれば家賃が高いため、収入があっても過ごしづらいところでしょうか。逆に地方に暮らしていれば収入が高い職業に恵まれません。

本サイトでは生活費を抑えて、スマホ通信費を確実に安くする方法について紹介しています。よろしければスマホの買い替えの参考にしていただけたら幸いです。

 

年収300万円以下の生活費内訳

年収300万円で生活できたとしても、月収は20万円、家賃は6〜7万円以下といったところでしょうか。とくに都会に住んでまともな住居に住みたい場合はそれ以上の7万円〜10万円の家賃になってきます。

都会と地方で暮らしている方でも生活費の内訳は違ってきますが、現在の20代の若者の2〜4割の平均年収は300万円以下だとされています。そのため、家賃や光熱費、水道費などを差し引いても、娯楽で生活するには不十分といえる年収です。

この調査はBOXILマガジンの公式ビジネスサイトで明らかになっています。

 

 

生活費の内訳はいくら?スマホ通信費を確実に安くする方法

項目 生活費(〜円)
家賃 70,000
食費 40,000
水道、ガス、光熱費 20,000
自動車維持費 20,000
交際費 30,000
通信費 10,000
貯金 20,000

 

いかがでしょうか。一般的なこれが生活費の内訳です。合計は210,000円です。

低年収のおかげで一人暮らしでもなかなか生活しづらいでしょう。

堀越さん
堀越さん
結婚まで考えると共働きをしなければなりませんね。

 

少しでも生活を豊かにするためには、毎月支払っている家賃や光熱費、水道費などをもっと安くできたら変わることができます。

実際、家賃や光熱費、水道費は住んでいる場所の関係で変えづらいというところがありますが、スマホの通信費であれば確実に安くすることができます。

スマホ通信費が10,000円だったのを、10分の1の1,000円まで抑えることも可能になります。

 

生活費を安くするためのおすすめのスマホとは?

 

月々の生活費を安くするためには、まず格安SIMのスマホを購入してしまうことが手取り早いです。格安SIMとは格安料金で使用できるスマホのことですが、詳しくはこちらの記事で解説しています。

→「MVNEとMVNOとMNOの違いについて!格安SIMを選ぶ基準とは」はこちら

 

ドコモ・au・ソフトバンクの大手三社の通常の月々の基本料は5,000〜10,000円なので、明らかに生活費を圧迫してしまいます。

ドコモを使っている場合、安くしてもギガライトの料金プランで5GBまで4,980円です。5分通話無料オプションを付けた場合は5,680円になります。

auを使っている場合、安くしてもauフラットプラン7プラスで5,480円です。5分間の通話定額ライトプランを付けた場合は6,180円になります。

ソフトバンクを使っている場合、安くしてもウルトラギガモンスター+で7,480円です。5分以内の国内通話が0円になる準定額オプションを付けた場合は7,980円になります。

相原さん
相原さん
UQモバイルであれば速度が速く、無制限でギガ数を使い放題なのでお得です。

 

このように大手三社の基本料は5,000円を越えてしまいますが、格安SIMであれば半額以下で抑えることもできます。

 

 

どの格安SIMがいい?

七尾さん
七尾さん
スマホ通信費が10,000円だったのを、10分の1の1,000円まで抑えることも可能になります。

 

結局、格安SIMの携帯会社もどんどん増えてきているため、どれを選べば良いのか迷うところです。しかし、それぞれのセールスポイントをしっかりと理解すれば、自分が使いやすいものを見つけることができます。

例えば、日中や夜間も通信速度を速いまま使いたい場合はUQモバイル家族でお得なプランを使いたい場合はTONEモバイルなどといった具合です。

 

・ドコモ回線のLINEモバイルの記事はこちら

「他社端末も保証!子どももお得なLINE Mobileの限定特典オプションサービス機能」

・au回線のUQモバイルの記事はこちら

「具体的な体験談と口コミあり!UQモバイルを買ってみた結果」

・IIJmioみおふぉんの記事はこちら

「IIJmio良い点8選!家族でお得!国内海外の電話利用料金が無料」

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。スマホの通信費を確実に安くするためには、格安SIMを購入してしまうことがおすすめです。

10,000円かかってしまうスマホ費用を抑えられるのは大きいところでしょう。もし毎月500円にまで抑えられたとしたら、貯金にも娯楽にも回せます。

結果、生活費を抑えて豊かに暮らすことができるでしょう。とくに初めて一人暮らしをする方にもおすすめです。

ぜひお試しください。