自分に向いている職種や企業の見つけるためには?内向的な性格の場合の自己分析

会社に入社してミスマッチングを起こさないように、自分に向いている仕事やしたいことを探すにはどうしたらよいでしょうか。

結論から、向いている仕事とやりたい仕事は別物として考えたほうが良い場合が多いでしょう。

向いている仕事の関しては客観的に見るのが一番です。

→ 無料でES添削をしてくれるサービスとは?

自己分析をして見つける

やりたい仕事を見つけるためには自己分析をするのが手取り早いです。

仕事になにを求めるのか?ということですが、

お金、やりがい、自分の時間がとりやすい、人と関わりたい、1人で黙々とやりたい、社長になりたい、有名な企業で働きたい、好きなものに関わりたい、いろいろあると思いますが、ぜひ考えてみてください。

1つでもいいし、複数でもいいです。逆に、これはどうでも良いっていうのをあげてみてください。

これらを満たせる仕事を探すといいですね。ぴったりくる仕事がなければ、優先度低いところは妥協して範囲を広げていきましょう。

 

内向的な性格の場合

あまり深く考えすぎず、それから会社がどうとか、自分への評価がどうとか、仕事の成果とか、あまり気にせず、目の前の仕事をどう楽しむのか?ということに集中しすぎて、ミスマッチを考えるのをやめたほうがいいでしょう。

極論、会社についたら自分は機械だと言い聞かせて、故障しないようにすることだけ考えるのも一つの手です。

どのみち、どこかの会社に入っても、すぐに自分のやりたい仕事ができるわけではなくて、勝手に指示をされることが多いです。

仮にやってみたかったことが実現できたとしても、会社の中にも外には、もっとすごい人やできる人は必ずいるので、自分が思ったようには成果は出にくいです。

向いてるか・向いてないかなどを考えて、苦手意識を考えても、どうにもならないので、逆にマイナスなことは意識しないようにして、楽しいことだけ考えるのが良いでしょう。

 

まとめ

やりたいことは1つでもいいし、複数でもいいです。逆に、これはどうでも良いっていうのをあげてみてください。

これらを満たせる仕事を探すといいと思います。ぴったりくる仕事がなければ、優先度低いところは妥協して範囲を広げていきましょう。

→ 無料でES添削をしてくれるサービスとは?

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました