適性検査は企業理念などに合わせて回答する?正直に書いたほうが良いのはなぜ?

適性検査の中に、性格などのパーソナリティ診断、性格検査があります。

こういったものは正直に応えず、企業の理念に回答を合わせる必要はあるのでしょうか。

それとも自らの性格に正直に回答するべきなのでしょうか。

適性検査は企業理念などに合わせて回答した方が内定をもらえるか

結論、企業理念や業界特性、職種特性を考慮し、仕事で成果を出すために統計上必要な要素に合致した学生の方が、書類選考は突破しやすいです。当たり前ですね。

例えば、研究開発職志望で、飽き性だったら、研究成果が出る可能性は低いでしょう。

そして、内定を取ることと、入社した会社が自分に合うことは別の話です。

内定を取ることは、いかに会社にとって自分が価値のある人材だとアピールできるかがポイントです。

まずは内定を取らないことには、学生側は複数の会社を比較し、選択することすらできません。

個人的な意見ですが、よほど信条や価値観に合わない会社・仕事を選ばない限り、すぐ退職したくなるほどのミスマッチは発生しないでしょう。

できることなら、高待遇や自身が成長できる環境を用意してくれる会社に入った方が、同じ時間を過ごすならハッピーです。

面接時には適性検査の用紙がある

面接時には、手元には性格検査の結果や学力試験の結果シートがあります。

そこに性格や考え方の特性が書かれているため、それを確認する質問もします。ここで、検査と面接で違う志向の発言をすると、当然、面接官の印象は悪くなります。

また、嘘つき可能性が高いという判定は、検査の中で同じような質問が何回か出題されるので、真逆の解答があったりすると、虚栄心が強い傾向があるとデータ的に判断できます。

業界、企業、職種が求める人材像を自分なりに解釈して、もし素の自分が企業の求める人材像と合っていなかった場合、それでもその会社や仕事内容に取り組みたいという強い思いや覚悟があれば、適性試験や面接では、覚悟を決めて企業の求める人材像になり切るのは有効な手段です。

一方、そこまで強い思いが無ければ、素の自分でマッチできる企業を探せば良いでしょう。

一般的には、企業は生き残りをかけて競争しているため、求める人材像はどの会社も似ているものが一部あり、リーダーシップや問題解決力など、能動的で知的体力がある行動派を好みますね。

正直に書いたほうが良いのはなぜ?

多くの企業が採用するSPIの性格診断は回答の揺れから、嘘つきを見破るそうです。嘘をついたらほとんど分かるそうです。

多少社風に寄せても問題ないでしょうが、理想の自分を投影すると嘘つき傾向がバレ、最悪の評価となるでしょう。

さまざまな例を探してみても、SPIに相当する個人向けのサービスはなく、下手な嘘でチャンスを逃すより、ありのままで答えるのが一番です。

会社に入るのはゴールではなく、スタートです。嘘をついても最後に辛くなるのは自分です。

まとめ

自己同一性や誠実性を図るテストでなく、社風などへの適合を見るテストであれば、相手方に合わせた方がテストはパスしやすいでしょう。

試験に受かったところで合わない企業や部署に配属されて幸せでしょうか。

それと、人事はそのあたり見抜きます。面接と適性検査の差はわかってしまいますよ。

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました