Skype面接での最初の挨拶、通信環境!座るのか立つのか

Skype面接で気をつけることといったらどんなことが思いつくでしょうか。

最近、ゲームやIT系の職種の採用面接でSkype面接が増えてきていますね。

最初の挨拶や通信環境など気にしたら良い点があるので解説していきます。

 

最初の挨拶

Skype面接でもできるだけ普段の面接と同じように行えれば理想的でしょう。

面接でメモを取りたい場合は、面接の最初に「面接中に必要事項についてメモを取りたいのですが、よろしいでしょうか?」と質問しましょう。

自宅でやるから大丈夫だと思っていても不正は禁物ですね。

ただし、挨拶をする際は面接官に見える位置で行うのが良いので、座って行っても良いでしょう。

チャット上の挨拶でも基本的には座って行います。自分の体や身長を見せるのではなく顔が映れば良いのです。

自分がYouTuberになったと想像すれば良いでしょう。

しかし、立って挨拶しても真面目で丁寧な印象を与えられるので、どちらが良いのかは個人の選択や感覚によります。

いずれにしても、座って挨拶して内定を頂いた方が多いようですね。

座り方としては、男性の場合はどっしりと構えて、女性の場合は足を閉じて姿勢を良くして行いましょう。

 

通信環境などの設定

Skype面接では通信環境がしっかりしていなければ面接できません。

通信環境の設定も行っておくことが最低限の礼儀ともいえるでしょう。

音質を良質に保ちたいのであれば、パソコンに内蔵されているマイクではなく、イヤホンマイクやBluetoothなどのヘッドホンを使用して通話しましょう。

ライトなど部屋の明るさやパソコンを置く位置や高さにも気をつけましょう。

また、地域によっては通信回線の速度が不安定な時間帯もあるので、タイムラグが生じてしまった場合は、聞こえなかった箇所について再度質問してみましょう。

 

 

まとめ

ゲームやIT系の職種では実際に仕事場でもSkypeを使うことがあるでしょう。

また、最近ではZoomやSlackというチャットサービスが主流のようです。

面接もシステム化されて、時代とともにどんどん便利になっていきます。

用途にふさわしい面接ができるように準備しておきましょう。

座るのか立つのかで言ったら、やはり前者の座るほうが多いですね。

通信環境などはWifiや地域によっても仕方がないところもあるでしょう。

場所を変えるのも手ですが、失礼がないように無難に対応していきましょう。

以上、Skype面接での最初の挨拶、通信環境で気をつけることについてでした。

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました