最終面接で何を質問する?嘘をついたり盛るのは良いのか?印象を残す方法

最終面接で「最後に何かありますか?」
と聞かれたときに何を言えば好感度が上がるでしょうか?

また、初めて合う面接官にどういった回答をすれば印象を残せるでしょうか。

今回は「最終面接で何を質問する?嘘をついたり盛るのは良いのか?印象を残す方法」について解説します。

 

最終面接で何を質問する?嘘をついたり盛るのは良いのか?印象を残す方法

より良い印象を残すために最終面接で質問すると良いのは以下のことです。

・内定承諾までにやった方が良い事など、やる気が見える発言

・設立の背景や会社の歴史など、会社のエピソードについて

・面接官のプロフィールを深掘りする

→ 逆質問の攻略方法!会社の歴史や苦労して乗り越えた話やエピソード

 

ぶっちゃけ、最終面接の面接官は役員クラスが多いです。

役員クラスの方は会社への思い入れがある方が多いので、どういった回答をすれば良いのか見えてきます。

単純に、やる気がある発言でも効果的でしょう。

ただ、最後の逆質問を聞く時点で、面接の是非は殆ど決まっているということも承知しておいてくださいね。

最終面接に来れる学生もかなり限られています。

 

内定承諾までにやった方が良い事など、やる気が見える発言

内定承諾までにやった方が良い事を聞けば、会社に入った後もしっかり勉強してずっと働いてくれるだろうという印象を与えることができます。

最終面接に出てくる面接官も年配者の方が多いため、こういった質問や回答は基本的で素直でしょう。

 

設立の背景や会社の歴史など、会社のエピソードについて

最終面接では重役の方が出てくる会社が多いでしょう。重役の方であれば勤続年数も長いので、会社の詳しい情報について聞き出しやすいです。

また、最終面接で複数の面接官がいる場合も、設立の背景や会社の歴史など、会社のエピソードについて聞けば、重役の立場の人が答えられるので、より上位の立場の人にも印象を残しやすいでしょう。

面接官のプロフィールを深掘りする

最終面接の面接官のプロフィールを事前にリサーチして確認しておきましょう。

ネットに書いてある情報や会社概要が書かれたパンフレットのみでは把握し切れない場合もあるでしょう。

その場合は直接、担当者から聞いて繋げてもらいましょう。

 

嘘をついたり盛るのはダメ?

何をするにせよ嘘をつかない事が一番大事です。

最終面接だけじゃないですが、特に最終面接では重役の方が出てくる会社が多いです。

そこで交わされる会話に嘘があった場合、入社後にバレると当然印象が悪化しますし、重役に嘘をついた人として認識されると評価も厳しくされる可能性も高いです。

そして、重役は意外と記憶力の良い方が多いですので、最後だと思って色々と盛った話をしてしまうと、その場は良くても入社後に苦労します。

やる気を見せるために、面接のテクニックとして、盛るのは仕方がないかもしれません。

ですが、面接中にバレるかもしれませんよ。バレるリスクは承知しておきましょう。

上場企業などの優秀な会社であれば、一次面接の段階で見抜かれます。

 

まとめ

最終面接ともなれば、やる気がある学生しか集まってこないので、その時点で受かって内定をもらえる確率も上がっています。

さらに自分をアピールするために「会社を愛してる」「仕事が大好き」という印象を残すことが大切です。

もちろん、会社の設立年数や面接官にもよるのですが、ほとんど最終面接で出会う面接官は昭和の人です。

その価値観で勝負が決まるといっても過言ではないでしょう。

普段そういう世代の人と会話をしている就活生は有利に働くでしょう。

ということを考えれば「この会社が大好きです」「仕事をバリバリやります」と言って相手の面接官は悪い気がしないでしょうね。

以上、最終面接で質問する場合は?好感度を上げたり印象を残す方法でした。

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました