リクルートライフスタイルの面接、社風、学歴や経歴、年収、働き方

リクルートライフスタイルの面接、社風、学歴や経歴、年収、働き方はどうなっているのでしょうか?

今回はリクルートライフスタイルについて見ていきます。

 

リクルートライフスタイルの面接

リクルートライフスタイルは最終面接まで凄く明るい雰囲気です。

自分の強みがはたしてどこにあるのか、引き出してくれる面接をしてくれます。

良いところを探すための深掘りもできます。

価値観の質問は、自分の生い立ちと紐づけることが大切です。

親がいても親がいなくても、何らかの価値観が醸成されているはずです。

さらにリクルートライフスタイルの面接はフラットな印象で、興味があることや、この会社で実現したいことについて聞いてきます。

例えば、どんなプロジェクトを経験し、その中でどんな壁があり、それをどう突破したとか、失敗したなら、そこから何を学び次にどう生かしたとか、ごくありがちの質問も聞いてきます。

 

リクルートライフスタイルの社風や雰囲気

リクルートライフスタイルでは滅多なことをしない限りはリストラされません。

仕事上の任務が達成できなければ、なぜ達成できなかったのか、来月はどうするのかという未来に向けた話になることが多いです。

個人とチームとで数字を持っていれば、自分の未達成分はチームの借金です。

達成できない場合は、リストラにはされなくても、肩身が狭いかもしれません。

 

リクルートライフスタイルの学歴や経歴

リクルートライフスタイルは学歴も職歴も関係ありません。

組織内には、元銀行員・飲食店・ホスト・アパレル・美容師など幅広い経験をしてきた方がいます。

ただ、前職を辞めた場合、なぜ辞めたのか? ということは必ず聞かれるでしょう。

活躍できるかについては、学歴ではなく、目標に対してやりきれるか、どう行動するのかを考えて実行できるかという点がポイントです。

未経験OK、学歴不問と謳っている会社ですので、とりあえず気に入ったら入社してみることをおすすめします。

ビジネススキルも身に付くでしょう。

 

リクルートライフスタイルは女性でも年収等評価はしっかりされているか

給与や待遇面で男女の差別は一切無いです。

むしろ今は時代の流れもあり、女性リーダーを積極的に育成しようという雰囲気さえあります。現に女性リーダー、マネージャーも多いです。

リクルートライフスタイルは男性、女性に関係なく平等に評価される風土です。

 

むしろ、女性で活躍されて表彰されている方も多く、また管理職も女性の方は多いです。

ですので、活躍したいと考える女性の方にはオススメの会社です。

年齢が若くても任されるミッションが重くなれば昇給はしていくが、あまりペースが早く昇給をしてしまうと、その先の階段を上るのが重いです。

相応に長いサラリーマン生活の中で、基準値が早期に高止まりしてしまう点は、給与でモチベーションを向上させていくタイプの人にはだれてしまうケースもあります。

そのため、女性の平社員でも1千万円もらえる環境です。

役職がつかなくてもグレード制なので給料が下がることなく、気にならないです。

仕事も見合った面白い仕事が多い。ただ優秀な若手が多数控えているので、面白い仕事にしがみつくのが難しく、後人にいつ道を譲らなくてはいけないか、プレッシャーがあるのも確かです。

実力で評価してくれます。女性のGMもいますし、過去にMVPを取るなどしてキャリアアップしてきた方達です。

 

まとめ:リクルートライフスタイルは子持ちでも働きやすい職場環境か

Q
求めている人材はどんな人でしょうか。

阿部
以前はお客様の懐に飛び込むのが上手で、お客様のかゆいところまで手が届くような企画提案ができる人でした。現在はさらに進んで、定量的な分析を駆使しロジカルに企画をつくり、それを実際のサービスに落とし込んでいける人を求めるようになっています。資質面でいうと、リクルート創業者である故江副浩正氏の言った「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」を実践できる人。私は「自走できる人」と言っているのですが、何事も受け身ではなく周囲を巻き込みながら自分で走っていける人です。

引用先:リクルートスタイルの面接とは?【面接官にインタビュー】

 

部署によるかと思いますが、営業部はとても働きやすいそうです。

受け身ではなくといっているので、積極的な人を求めているのですね。

 

また、全社で働き方改革を推進しており、時間ではなく生産性高く働くことを大切にしています。

小さい子供がいながらマネージャーをしているひとも多いです。時短勤務も可能ですし、いつアポイントを入れるかも自己管理です。

会社が求めている実績や役割ができていれば、問題ないでしょう。

商談の時間帯は、領域によって異なるかと思いますので、転職エージェントの方などに聞いてみたらよいでしょう。

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました