面接で「大学・大学院を中退したのはどうして?」と聞かれたらどのように回答すればいい?隠すべき?

面接で「大学・大学院を中退したのは、どうして?」と聞かれた場合に、どう答えたら良いでしょう?

また、オブラートに隠して回答するためには何が大切でしょうか。

徹底的に人物像を深掘りされる面接の場合はどうしたら良いのでしょうか。

 

面接で「大学・大学院を中退したのはどうして?」と聞かれたらどのように回答すればいい?隠すべき?

まず前提条件として、大学・大学院を中退するということは、大学・大学院を辞めたことに対して後悔の念がないということです。

本当であれば、そのことをオブラートに隠さずに、正直に話した方が良いでしょう。

なにも嘘の理由をでっちあげて喋る必要性はないのではないでしょうか。

第一、大学を辞めたことに後悔はないと言っているのに、事実に矛盾しています。

 

 

就職活動における面接とは

就職活動は自分を商品とするセールスです。

セールスマンは自分の商品を選べないことが多いのは普通で、どう考えても競合他社のほうが品質も価格も良かったりするわけですけど、だから売れないのかといえば、そんなこともなく世界は動いていて、会社も存続してたりします。

その人物を深堀りする会社に入っても、大学中退の事情を説明するくらいのしんどさは普通ですので、練習だと考えるのが適切です。

就職活動は競合他社はどんなに品質が良くても供給量が最大で1なので気楽ですね。

セールスでやらなければいけないことは自己紹介と商品説明でして、お客様は信頼できる人物から役に立つ商品を買うのですよね。就活では自己紹介と商品説明は同一ですね。

価格は年間数百万円程度の商品です。並べて価格をつければいいだけのコンビニの数百円の商品とは違うのは当たり前ですね。

車の法定耐用年数は6年ですので250万円x6=1500万円ですかね。ベンツのSクラスの新車を売る感じでしょうか。

はてさて、どう売りましょうね?

・・そう考えたときに、大事なことはお客様はあまり関係ないと思いませんか?深堀りとか圧迫とかは茶番劇につきあうの面倒だな・・ということであって、本質的にはそれほど影響せず、そこでは心を平静に保って椅子を蹴って出てこない程度でいいわけです。

それとは関係なく「信頼できる人から役に立つ商品」ということだけが大事で、それを丁寧に説明できただろうか?買わないのはお客様の判断だけど、判断材料を十分に提供しただろうか?ということに集中したらいいです。

そもそも、大学中退してるのは応募で書類を出した時点でわかってることで、それが理由で落とすなら書類で落とせばいいので、何も時間=お金をかけて面接することないです。

会ってる時点で採用する気はあるわけで、その時大事なのは中退した理由をうまく説明するというより、人事部長に「それでもいい人なんですよ」と言える理由を用意してあげることですので、あまり中退した理由を上手に・・とか、オブラートがどうとか考えなくていいかもしれません。

 

まとめ

理由を隠すようなことでないのであれば、素直に話したら良いでしょう。

ただ、ネガティブな印象に受け取られないような話し方が大事です。

ポイントは前向きな回答ですね。

簡単に言うなら、やる事が、はっきりと見つかったからなど、伝えれば良いでしょう。

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました