【Lily】第5話の結末とは?メイドカフェ開店!漫画の画バレ・ネタバレ・感想!

可愛いメイドが真剣に働いて、1年間で1億円を稼ぐという物語の漫画です。

たくさんの可愛いメイドが出てくるだけでなく、ちょっと経営的であったり、個性的であったり笑いがあったりなど面白いんです。

第5話はどんな話が展開されるのか。

結末が気になるところ。

秋葉原で一番可愛いメイド・かなで。

彼女には秘密があった。

1年以内に1億円の借金を返さないと金持ちの奴隷にされてしまう事?

『Lily』より引用

 

【Lily】第5話の結末とは?メイドカフェ開店!画バレ・ネタバレ・感想!

 

ボーイッシュな心葉ちゃん。

しかし、本心では可愛い女の子でいたかったようです。

心葉ちゃんの過去編に迫ります。

小さい頃から父親に武術を教えられてきた心葉ちゃん。

父親の渡剛葉は武術家の第12代当主でした。

「よいか心葉!強さこそ正義!!」

「はい!父さんっ。」

 

ということは、家主を継いでもらわなければなりませんね。

心葉ちゃんは男でもないのに無茶させられている感じです。

ある日、女性が履いているスカートに憧れて買ってもらおうとしました。

しかし、それも父親からいちど反対されます。

強くなることだけ考えて生きればいい。

父親の考えでした。

場面が変わり、現在に戻ります(かなでと心葉ちゃんの会話シーン)。

「アイドルとかメイドに憧れはあったけど・・・」
「ガサツな私には似合わないと思うんだよね!」

 

本心ではアイドルになりたいくらい可愛い女の子でいたかったようです。

「あいつ・・・ほんとにあれでよかったのかな?」

「ほんとはメイドやりたかったんじゃ・・・」

かなでは気づきます。

かなでのメイド喫茶で働けば、間違いなく活躍してくれるだろう。楽しんでやってくれるだろう。と思ったのでした。

しかしこの後かなではさらわれます。ピンチです。

「こいつで間違いねぇな?」

「はいっ、確かにこの女っス!」

 

さあどうなるのでしょうか。

 

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました