手術しないでワキガのニオイ・多汗症を予防する効果的な方法

 

多汗症で汗が止まらない…

ワキガのニオイがきつい

 

こういった方はいくら制汗剤で対策しても限界があるでしょう。

 

汗対策には手術が良いという話も聞きますが、正直、手術費用や身体への負担を考えたらかなりダメージが大きいです。

 

費用の面では最大直視下手術法で50万円、皮下組織吸引法で15万円、皮下組織削除法で40万円は見積もった方が良いでしょう。

 

身体の負担としては、傷跡が残ったり、手術後の炎症によって逆にシミが余計に発生してしまったりします。

 

最悪の場合は再手術…ということも十分にあり得ます。

 

手術に比べたら汗予防クリームを定期購入した方が遥かにコスパが良いですね。

 

特にチュラリアの定期購入であれば、初期費用が送料無料の980円で安く済み、身体への負担もないのでおすすめです。

 

 

 

 

手術しないでワキガのニオイ・多汗症を予防する効果的な方法

 

手術しないでワキガのニオイ・多汗症を予防する効果的な方法といえばクリームを塗る方法でしょう。

 

その中でもチュラリアは肌にも優しいので特におすすめです。

 

「チュラリア」は、ワキガ・汗臭・足のにおいなどが気になる方向けの薬用デオクリームです。制汗・殺菌・撥水の3つの効果をもっています。

 

普通の市販のクリームでは、せっかく塗ったのに汗やタオルで取れてしまうことがあるでしょう。

 

しかしチュラリアは浸透性・撥水性があるためクリームが汗で流れ落ちることはありません。

 

また、パラベン・合成香料・着色料・紫外線吸収剤・鉱物油などの添加物も一切含まれていません。

 

無香料・無添加・無着色で肌に安心の天然の成分が配合されていま
す。

 

天然成分には、ニオイに効果的な柿タンニン茶エキス、肌の健康に最適なシャクヤクエキスワレモコウが含まれています。

 

チュラリアは厚生労働省も認可した化粧医薬品なので安心して使用できます。

 

皮膚科医やアンチエイジング専門医も推奨しています。そのため肌の敏感な思春期の子どもにも安心して使えます。

 

 

チュラリアの塗り方

 

チュラリアはお風呂上がりや就寝前、出かける前に、ワキの下や足の裏、デリケートゾーンなどに適量塗ります。

 

とくに寝ている間は寝汗をかくため、ワキガの菌が繁殖するのは就寝中だといわれています。

 

1回塗るだけで1日分も効果が持続します。

 

 

チュラリアの効果・効能

 

チュラリアには制汗・殺菌・撥水の3つの効果があります。そのため汗対策には抜群です。

 

汗の嫌な臭いは皮膚のアポクリン汗腺から発生します。

 

そのため、浸透性抜群のクリームを塗って汗を抑制することで、臭いの元をしっかり防げます。

 

 

制汗対策に抜群な成分

 

チュラリアには、フェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛) が含まれています。

 

フェノールスルホン酸亜鉛は、皮膚や粘膜のたんぱく質と結合して膜を作り、汗が出るのを抑制してくれます。

 

チュラリアであれば汗が出るのを予防してくれるので、ニオイの原因を根底から予防してくれます。

 

 

圧倒的な殺菌効果

 

チュラリアには、イソプロピルメチンフェノール(シメン-5-オール)が含まれています。

 

この成分は、汗などによるニオイの消臭効果として高い効果をもっています。

 

そのためワキガにも効果抜群で人気のある商品となっています。

 

ちなみにこの成分は皮脂の表面の菌を殺菌してくれる効果をもっているので、ニキビケアにも最適です。

 

 

 

 

安心の撥水性

 

チュラリアには撥水性があるため汗によってクリームが取れることはありません。

 

また、肌に触れるとクリームが伸びて広がってくれるため、べたつきもなく、外部からの菌の侵入も防ぎます。

 

 

購入方法

 

通常価格 7,980円980円で購入できます。初回に限り87%オフです。

 

定期購入の場合、毎回全国送料無料なのでコスパ最高です!

 

2回目以降の購入価格は4,980円です。さらに30日以内であれば全額返金保証してくれます。

 

お支払い方法はクレジットカード・NP後払い・代引きなど可能です。クレジットカードで購入すれば初回に限り500ptゲットできます。

 

 

 

まとめ

 

気になるニオイを抑えるには、できるだけ菌を繁殖させないように予防することが大切です。

 

そのためには肌のケアを怠らないで常に塗り続けることが大事です。

 

男女問わずに人気のチュラリア。この機会に周りの友人にもすすめてみてはいかがですか。