【図解】眩しい!目に悪い!iPhoneで画面の明るさ自動調整を解除する方法

 

バスや電車の中でiPhoneを操作していて、画面が勝手に急に明るくなったり暗くなったりしませんか?

 

日の光が差し込んできて明るくなったり、トンネルや建物の影に入って暗くなったり。

 

iPhoneは明るさを一定に保てるように周りに合わせて自動調整してくれるんです!

 

すごい便利ですよね〜(皮肉)

 

便利な反面、このままでは目がチカチカして痛いですよね。

 

そんなiPhoneの明るさの自動調整解除の方法を解説します!

 

 

画面の明るさの自動調整を解除する方法

 

まずは、iPhoneの「設定」を開きましょう。

 

 

「一般」から「アクセシビリティ」をタップ。

 

 

続けて「ディスプレイ調整」をタップします。

 

 

「明るさの自動調節」があるので、オフにしちゃいましょう!

 

 

あとは「ホワイトポイントを下げる」のスライダーを操作して、お好みで明るさを調整しましょう!

 

これで明るさの自動調整オフは完了です。

 

前までは「画面表示と明るさ」からできたんですが設定が変わっててややこしい(・・;)

 

iPhone7からは仕様が違うようですね。

 

ちなみに私はホワイトポイントを80%に下げていたようですね(^^)

 

iPhoneはブルーライトを発しているので、どうしても目に悪いし眩しいのは避けたいところ。

 

ちなみにブルーライトの設定の解除はNight Shiftからできますよ!

 

【図解】目が痛い!画面の温度を温かくするNight Shiftの設定方法!

 

まとめ

 

このように明るさを固定化することによって、激しい電池の消耗も抑えることができます。

 

節約にも良いですよね〜

 

ぜひ自分に合ったiPhoneにカスタマイズしていきましょう!