大学を休学してプログラミングを学習するのと就職留年するのとではどちらがいいのか

6月も終わりになり、ほとんどの企業が採用活動を終えてくるので大手企業やホワイト企業に就職できる確率も低くなっていくことが考えられます。

中途半端な企業やブラック企業に入るしかないのではと焦りを感じてしまいますね。

IT業界を志望しているのですがどこにも内定をもらえず。

一方で周りではすでに内定をもらって余裕ある生活をしている学生も多くなっていきます。

ポートフォリオも書けないのでプログラミングスクールに通ったほうが就職しやすいかもしれません。

大学を休学または就職留年して、語学とプログラミングスキルを身につけてから、来年以降に就活を再開するか、このまま就職活動を続けのとではどちらが有利に就活を進められるのでしょうか。

 

大学を休学するのと就職留年するのとではどちらがいいのか

就職留年は、時間を無駄にするリスクがあります。ご在籍の大学で、1年当たりで、ご希望の「会社群」へ就職している人が何人いるか、確認したほうがいいでしょう。

もし、1年で10人程度であれば、就職留年しても、来年内定がもらえる確率は低いと言わざるを得ません。

特に、有名大手企業の場合は、なんだかんだで学歴は高い人の採用実績が多いのは事実です。

もちろん、学歴だけではなく、学生時代の経験から仕事に活かせそうなポテンシャルを持った人が採用されます。面接が得意な人も採用されやすいです。

どうしても行きたい憧れの企業があるなら、スキルや経験を多く積める会社に入って力をつけてから転職すれば良いでしょう。

特にIT企業は学歴や前職の会社名だけで採用されることはなくなってきてます。どんなスキルがあって、どんな経験を積んだかが重要です。

そのために大学を休学するという手も、今の時代では十分にありだと考えられます。

 

大学を休学した場合

国公立大学の学生であれば休学費用もかからないので、休学して就職活動を続けた上で納得のいく企業が見つかれば、復学するのも手です。

私立大学であれば10万円から20万円ほどかかってしまいます。

ちなみに文部科学省の2012年のデータを参照すると、

全体 67,654人(45,577人)全学生数は2,991,573人(2,635,225人) 括弧内は平成19年度

平成24年度の休学者数は、全体で67,654人、設置者別でみると国立20,491人、公立3,897人、私 立42,798人、高等専門学校468人となっている。
 休学の理由の割合を見ると、全体では、1経済的理由10,486人(15.5%)、2海外留学10,120人 (15.0%)、3病気・けが9,865人(14.6%)が順に挙げられている。

年間の休学率は2.3%(平成19年度は1.7%)

休学者数(67,654人)を、全学生数(中退者、休学者を含む) (2,991,573人)で除した数

 

文部科学省2012年『休学者の状況』より引用

 

現実問題、休学する学生は自分にできることを増やすために休学するというプラス面での理由も存在しています。

ですので、ご自身で納得がいっているのであれば就職活動は休学中にしましょう。

時代の流れ的に、有名大手企業だから高収入で安泰、という時代でもなくなってきたので、自分のライフプランやキャリアプランに合った企業に就職する方が幸せです。

それでももし、就職してみて、会社が合わなかったら、その時転職をすれば良いでしょう。就職後も腐らずに仕事を頑張り、自己研鑽もやっていれば、転職は容易です。

実際に30代で4社目というIT系の社員もいます。

いくら人手不足と言われても、結局は旧帝大、東工大、一橋、早慶レベルの大学からの採用が圧倒的に多いです。

残りの採用枠を、それ未満の大学数十校の学生で少数ずつ分け合っているのでしょうね。

 

プログラミングを学習するという手

休学中にプログラミングを学習することはおすすめです。

なぜならば、今稼げる職種であって、時間や場所を選択せずに自由に仕事ができる職種だからです。

そのため、世界一周旅行しながら働けたりします。

お金が今すぐ手元になければバイトしてしまいましょう。

 

まとめ

学歴批判をする方もおりますが、同じ人生の時間で効率良く勉強して、国語・英語・数学などの頭の使い方を身につけ、大学でも、更に高度な数学・物理・化学や情報科学を勉強していれば、技術が必要な仕事で成果を出せる可能性が高いのは当たり前です。

高学歴でコミュニケーション能力も高い人はいくらでもいます。もちろん協調性がない人もいます。

転職は仕事を始めてから逆転できる方法ですので、頑張りましょう。

蛇足ですが、アメリカや韓国などは日本とは比較にならない程、学歴社会です。

海外の人の優秀層はものすごく努力しています。一方日本の大学生は勉強しない人が多いのが現状です。

ですがプログラミングで挽回したいという方はぜひ休学するのがおすすめです。

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました