40代の転職で不採用!何社応募すれば内定できるのか

人件費削減のため、会社がリストラを行い、その対象に自分が選ばれてしまったらどうしましょうか。

また、40代になって初めて転職を考えた場合、仕事を失ってとても困るでしょう。

30社以上受けてもうまくいかず、貯金もいつか底をつきてしまうでしょう。

 

対処方法:とにかく数多く応募する(100社以上)

書類選考で不採用であれば30社なら割と普通なケースです。落ち込んでいる暇はありません。面接で30社であれば、面接(自分)に問題ありでしょう。

とはいえ、どちらにせよ書類を改善するか、面接を改善するか、望む内容を妥協するかのいずれかです。

転職や退職の理由は人それぞれですが、転職に使った期間は3ヶ月の場合の人もいます。
実際には、エージェント登録3社、転職サイト3社活用し応募件数は200社近くでした。

そのうち、書類通過は15社、途中の辞退3社で内定は8社です。

譲れない条件だけは必須事項に書きいれます。

この例に比べると、30社は甘いかもしれませんね。転職売り手市場とは言え40代ともなれば何かしらのスキルを求められます。

特に何も持っていなければとにかく100社以上応募してくださいね。必ず縁のある企業と繋がることを信じて諦めずに頑張りましょう。

以下はマイナビ転職の統計ですが如何せん少なすぎるように感じます。年齢が上がるにつれて受ける会社の数も増えていきます。

〜19歳 4.1社
20〜25歳 6.3社
26〜30歳 7.1社
31〜35歳 8.2社
36〜40歳 8.7社
41〜45歳 10.1社
46〜50歳 12.1社
51〜55歳 14.5社
56〜60歳 14.5社
61歳以上 15.2社

引用先:マイナビ転職

 

地方に引っ越すという選択肢

地方に引っ越してはいかがでしょうか。

関東をはじめとした東京、神奈川、大阪、名古屋などの都市圏以外の地方の地元中小企業であれば、企業側もハイスキル人材など言ってられないくらい人が足りないので、人柄と働く意欲があれば採用される可能性は高いでしょう。

40代でリストラされるのは偶然ではなく必然です。若い人にチャンスを与えるのが日本の社会だからです。似た境遇の日本企業だと採用は難しいでしょう。

引退だとおもって環境を変えましょう。語学スキルを生かして外資の企業に進むか、地方に引っ越しするかで生活の安定を考えると後者がおすすめです。

地方はとても人が大切にされます。おじいちゃんおばあちゃんも元気に畑仕事をしていますし。事務のお仕事も代わりの人がいると重宝されるところばかりです。

子育てにも向いたのびのびと過ごせるいい環境ですが、良くも悪くも人が少ないので学力で差をつけようと考えにくく伸び悩みやすいところは要注意です。

お子様にもネット学習の環境を導入して率先して学べるようにしてあげましょう。

人生まだまだこれからです。時間が余れば勉強をして副業を始めてもいい収入になりますし畑仕事を覚えるのも健康にもいいかも知れません。

始めは戸惑いますけど人間なれますし思いのほか楽だったりしますので応援しています。

 

まとめ

何故、リストラ対象に選ばれたのか。その理由はどのように考えましたか?そしてその理由は改善出来るものですか?

転職に年齢は確かに影響するかもしれませんが、たった30社受けただけで内定が取れるでしょうか。

新卒でさえもっと活動してる人は大多数います。

本気で自分という人間を見つめ直し、自分の言葉でやってきた結果やプロセスを話せるようにしましょう。

また、探している条件は自分に合ってますか?何となくで受けてくる人なんてどこの企業も取りません。

1社で長く勤めて来られたら本当に素晴らしいことだと思います。その中で得られたら経験も沢山あるはずです。人は誰しも強みがあります。

頑張って転職活動続けることをやめないでください。

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました