休職歴があることがばれたら内定取り消しになるのか?うつ病のまま転職活動

休職歴あることがばれたら内定取り消しになるのでしょうか。

うつ病のまま転職活動して内定が出た場合はどうでしょうか。医師からは社会復帰していいとの許可が出ているとします。

復職の挨拶で注意するべきことや気をつけることはこちらです。

内定取り消しになる可能性はある

内定取り消しになる可能性あります。

内定先に直近の給与明細や源泉徴収票の提示を求められていませんか?黙っていてもそこでバレます。

そもそも内定が出たということは、休職歴があるかどうかチェックやリファレンスチェックなどは無かったようですね。

バレたらあとは企業が「それでも雇いたいと思える人材か」という観点で判断されるでしょう。

能力および適正にに関係のない事項による選考は基本的にNGです。

また、機微情報である既往歴などは聞くこと自体がセンシティブな情報です。

よって、詐称したわけでもないことについては、既往歴を理由に内定取り消しは就職差別に当たるため企業にリスクが高い事項のはずです。

詐称していない病歴により雇用しないことは職業差別にあたりますので、基本的にないです。

ただ、病気の内容的に繰り返す可能性が高いものですので、あらかじめ伝えておいた方が良いでしょう。

まとめ

メリット

  • 資料作りや面接対策などに時間を取れる。日程の融通もききやすい。
  • 仮に転職活動がうまく行かなくても、復職できる。
  • 社会保険の切り替え手続き(※)を自分でしなくて済む。

デメリット

  • 休職理由(うつ病などのこころの病・怪我など)によっては敬遠されやすくなる。
  • 隠して転職活動をした場合、ばれたときに内定取り消し・解雇のリスクがある。

引用先:転職HACKS

既往歴はセンシティブ情報機微情報になりますので、本来伝えなければならないというか義務は無く、また、企業も積極的にセンシティブ情報を取得するようなことは余程のことがない限り出来ないです。

しかし、業務上支障がある可能性があるのであれば、あらかじめ伝えておいたほうが無難でしょう。

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました