人事担当者が面接で落とそうと思う身だしなみの特徴とは?第一印象を良くする基本戦略

面接を行った際、いかにも

「絶対に落とすためにお祈りメールを差し上げたい」

と思う応募者の特徴は、どういったものが挙げられるでしょうか?

第一印象としては、身だしなみ、言動などが関わってくるでしょう。

 

面接の大前提:落とそうと思ってやっていない

採用活動は採用をするためにしてるのであって、落とすためにやってるわけではありません。ただ、結果的に不幸になった場合の話は別です。

それから、特に新卒の人気企業では高倍率の競争なので「落とされないように」しても落とされます。落とす理由がないのではダメで、通す理由がないといけません。

それはさておき「面接にどういう格好をしていったらいいか?」ですよね。

問題は「どんな服・身だしなみをしていくのか」ではなく「なぜその服なのか?」です。

例えばリクルートスーツは「無難に終わらせたいので服については聞かないでください」と言ってます。

どういう経緯で、どういう選択・決断で、今その服なのか?と話せる必要があります。そういうのを語るのが面倒だからリクルートスーツなんでしょうけど、それを面倒だと言うなら何をしに面接に来てるのだろう?という気はします。

 

人事担当者が面接で落とそうと思う身だしなみに特徴とは?

あくまで身嗜みという観点なら清潔感です。逆の言い方あれば不潔な方。

また、応募業界(会社)に相応しいドレスコードで面談に来れているでしょうか。

採用面談は誰を落とすか?の視点ですべきものではありません。

この人にお祈りメール送って不幸にさせてやるぜ!ともしお考えで選考業務携わられているなら、相手にもそれが伝わると思いでしょう。

何ら得にならない行為です。応募者も同僚も、いつどこでご自身に影響してくるか分かりません。

 

まとめ

いかがでしたか?

基本戦略としては、その会社の従業員と同じような服を着て行けばいいです。

服や身だしなみは言語ですので、常に何かを語っているんですね。

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました