地方の就活生必見!身だしなみでだらしない格好とは?スーツやリュックのシワ

身だしなみでだらしない格好とはどういう格好のことを言うのでしょうか?

清潔であることというのは言うまでもなくですが、実際に就職活動で実践できているでしょうか。

面接において第一印象はとくに大事ですよね。

今回はだらしがなくて、だめな服装について解説します。

地方から東京に来る大学生はとくに必見です。

遠方から来るので荷物も多くて大変です。

社会人を見てみる

自分の身だしなみがどうなのか客観的に気になっている方には、これが一番手取り早いです。

それは、実際に働いている社会人を見てみることです。

社会人とはいっても、自分が勤める先の企業の社会人がおすすめですが、大抵の場合、スーツを着ている営業マンを見てみるのが良いでしょう。

清潔感だけでなく、服のシワもしっかり整えられているのではないでしょうか。

実際にマイナビでは以下の三要素を就活で行うように推奨しています。

身だしなみ三要素

就活の身だしなみ三要素は、清潔であること・健康的であること・機能的であること。この三要素を意識して、好印象を与えるようにしましょう。

引用先:学生のための就職情報サイト『マイナビ』

 

極力、社会人が実践していることに合わせて就活をしたほうが良いことがわかります。

また、リュックではなく手提げの鞄も持っているでしょう。

 

 

なんでリュックサックだとだらしがないのか

そもそも就活生用のスーツは記事が薄いので、シワになりやすいです。社会人のスーツは厚手で丈夫なものが多いですが、きれいに見えるのでしょう。

シワがつきやすい薄手の素材は、遠くから見てもわかりやすく目立ち、肩のところがヨレヨレになってしまいます。

とくにリュックを背負うと、背中の部分がとくにヨレヨレになります。

そのため、面接で退室しようとする時に後ろを向くと、かなり目立つでしょう。

前だけでなく後ろ姿も全て見せる可能性のあるところはきれいに清潔に保っておきましょう。

「身だしなみも整えられないのか」と思われてしまっては、社会人として活躍していけるのか疑われてしまいます。

 

まとめ

服がシワがない状態を維持することは最低限です。

たしかに、荷物が東京出身の就活生に比べて多いのは事実です。

工夫次第ではうまく持ち運べるので、とくに大学生は無難な方法で就職活動をしましょう。

また、荷物が多ければホテルやコインロッカーを使って、面接に必要のないものは置いていきましょう。

とくに営業職を選んだ場合は身だしなみは要チェックです。

スーツは背筋を伸ばせばびしっと見えるようにできています。

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました