社会人になる音大生が向いている職業や職種!楽器別の長所や特徴、自己分析

 

 

社会人になる音大生が向いている職業や職種はどんなのがあるでしょうか?

音大生にもタイプはいろいろあります。ピアノを弾く人であれば1人で何時間も練習します。

管弦楽器を吹く人であればそれぞれのグループで練習します。

もくもくと真面目に集中するタイプなのか、集団で行動するタイプなのか。

リーダーシップがとれるのかどうか。

それぞれ見ていきましょう!

 

ソロで活躍する楽器

ソロで活躍する楽器はピアノ、弦楽器、打楽器などが当てはまります。

こういった楽器を演奏する人はいかにも集中力が高そうですね。

どんな職種が向いているのでしょうか?

 

ピアノを弾く人の特徴や向いている職種

 

ピアノはソロの楽器で完結することも多いためか自己完結型のタイプの人が多いです。

伴奏楽器としても成立するため、幼稚園の教諭や教師にも向いているといえます。

しかしレッスンのときもマンツーマンでやることが多いため、大勢とのコミュニケーションに特化したタイプではないです。

会社で仕事をする場合は、営業や販売などを担当するより、企画的な部署や職種に就いた方は活躍できる人が多いでしょう。

指示型・支配型のリーダーに向いています。

 

弦楽器を弾く人の特徴や向いている職種

金管楽器や木管楽器などのように吹奏楽部に入部した時から習っている人たちが多いのに対し、弦楽器は幼い頃から習っている人たちが多いです。

幼い頃から音楽の脳が発達しているのでクリエイティブな発想を生かせる経営企画などが向いています。

Webデザイナーなどが向いているかもしれませんね!

打楽器の人の特徴や向いている職種

打楽器の演奏者はリズムを正確に刻みます。音や休符の長さを正しく器用に演奏します。

そのため緻密なプログラミング言語を扱うIT関連のエンジニアが向いています。

Webデザインやエンジニアを目指したい方はこちらのサイトで学習すると良いですね。

初学者向けのプログラミング手法について細かく解説しています。

声楽の人の特徴や向いている職種

 

声楽の演奏者は自分が楽器であるため、おおらかな人が多いでしょう。

声を活かせるので、アナウンサーや声優などの仕事などが向いていますが、オペラを学習していれば俳優などの仕事も向いています。

そのほか、営業や販売スタッフなど外向きの仕事も向いているといえます。

 

アンサンブルで活躍する楽器

アンサンブルで活躍する楽器は金管楽器、木管楽器などが当てはまります。

こういった楽器を演奏する人はいかにもリーダーシップがありそうですね。

どんな職種が向いているのでしょうか?

 

金管楽器を吹く人の特徴や向いている職種

 

金管楽器は華やかな響きのする楽器です。演奏する人も明るい人が多いので、その場の雰囲気を盛り上げたりする人が多いのではないでしょうか?

会社で仕事をする場合は、営業や販売スタッフの仕事がおすすめです。

コミュニケーションを率先するので、ブラック企業や田舎っぽい地域での仕事にも向いているといえるでしょう。

兄貴分的なリーダーシップがとれます。

 

木管楽器を吹く人の特徴や向いている職種

木管楽器は繊細で柔らかい響きがする楽器です。金管楽器に比べ細やかなな指遣いなどピアノに通じる部分もあるためか、気配りができる細やかな人が多いです。

また、アンサンブルなどを通して他の楽器とコミュニケーションする力も付いているようです。

会社で仕事をする場合は、企画的な仕事のほか、人事や経理、商品管理などに向いているといえます。

 

まとめ

以上、社会人になる音大生が向いている職業や職種でした。

音楽を学んでいた学生は幼い頃から人と接するときのマナーなども厳しく教えられているので、社会人としてのマナーも身につけやすいです。

楽器によって特徴も違ってきますね!

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました