ストレスが起こる環境とは?長時間労働などの仕事と職場の人間関係の問題6選

ある大学の論文のメタ分析の研究領域では、仕事上でのストレスが起こる環境の研究結果について明確にまとめています。

今回はその結果をもとに仕事環境上の問題と人間関係上に特化した問題についてまとめました。

これらのうちどれか1つにでも当てはまっていれば、迷わずに今すぐ退職した方がいいかもしれませんね。

→無料の退職代行サービスを見てみる!!

 

仕事環境上の問題

仕事環境上の問題としては長時間労働や役割や仕事の制限などの問題が挙げられます。こういったストレスがある会社では働きづらいので典型的なブラック企業になります。

 

1、長時間労働を強いられる

 

過労死とも言われているように長時間労働は体を壊しやすい原因となっています。

ベンチャー企業は人手も足りていないためか、長時間労働の結果転職を決意する人も多いようですね。

→ 長時間労働のベンチャー企業は転職するには

残業が続き、帰宅時間が遅くなり睡眠時間が減れば、身体は十分に回復する余裕はありません。

ブラック企業の社員は残業が多く、目に隈がある社員が多いそうです。

アットホームな職場でも、会社が家のように多くを過ごす場所になっていれば、転職や退職を考えたほうが良いでしょう。

本サイトでは退職代行サービスも紹介しています。

 

2、役割や目的が曖昧

自分が任されている仕事は何の役に立っているのか、意味があるのかなど、目的がわからないのにとりあえずやっている仕事は面白くありません。

また、どこまでが自分の役割なのか、責任の所在は誰なのかなど、具体的なタスクが明確でなければ継続してやることも億劫になりがちです。

とくに学生時代に5教科の勉強は何のために役に立つのか考えた方は多いでしょう。

そして、苦痛のままとりあえずやらされて耐えてきたのではないでしょうか。

意味や目的が見出せないと心身ともに消耗します。

 

3、時間あたりの作業負荷が高い

 

仕事の拘束時間が短い会社だけが良い会社だとは限りません。

残業がなく早く退社できる会社でも、1時間あたりの労働量が多かったり、時間が少ない割に作業量が多ければ相当な体力を消耗します。

大切なのはその作業量に見合った時間であるかどうかです。

優良ホワイト企業であるキーエンスの会社が営業に特化した企業です。

しかし、給料が多く残業時間がないものの、社員の作業負荷が高いことで有名です。

 

4、仕事の制限が多い、必要な情報が手に入らない

自分たちがやりたいと思っていたのにやれないことはストレスに直結しやすいです。例えば、それが上手く成果が出るものだったとしてもです。

IT企業なのにパソコンがない・・・という状況でプログラミングをしろと言ってもできません。

商品開発のためなのに、無駄な会議をしていることが多いことも該当します。

他の問題よりも一番のストレス要因になるそうですね。

 

人間関係上の問題

人間関係上の問題について代表的なものを挙げました。とりわけ会社内でのいじめやハラスメント、上司とのコミュニケーションの問題です。

5、社内いじめなどのネガティブコミュニケーション

仕事ができないことに関してねちねち言ってくる、仕事とは関係ないが精神的身体的なハラスメントをするなどの嫌味やいじめは精神衛生上良くないです。

社内でのコミュニケーションが悪ければ、いじめられている当人は睡眠の質を悪くしたり、食事が進まないなど体を壊しやすい原因にもなります。

合同企業説明会などで暗くて隅っこにいて、やる気や生気を無くしているような人事のいる会社には気をつけましょう。

このような会社では、一回入社して退職しようと思っても、退職しにくいです。

無理に会社にとどめようとします。

しかし、職業選択の自由は皆平等に与えられていますので、退職代行サービスを使いましょう。

 

 

6、上司が的確な指示をしない

初めての仕事で慣れない部下に物を取ってもらう際

「あっちにあるよ」
「いや、そっち。」

このような指示はナンセンスです。きちんと場所を示しておきましょう。

→ 上司の命令や指示に苛立ちが止まらない!対策方法とは

物はどこにあるのかわからなければ、探す余分な時間が増えます。

また、自分が今作業をしているときに、別の仕事を任せられても一辺に仕事をこなすことはできません。

この上司が言っていたこととあの上司が言っていたことが矛盾しているなど、一貫していない指示が飛んでくることも注意しなければなりません。

このようなケースを役割の衝突と言います。

部下は「誰の命令に従ったらいいんだ・・・」と混乱してしまいます。

社内で仕事のルールを決めておくなど、共通理解しておく姿勢が大切です。

 

まとめ

給料が高いことや定時で仕事が終わることだけが全てではありません。

大切なのは自分に見合った仕事であるかということです。

もちろん、心身に負担がかかる仕事であれば元も子もありません。

精神崩壊してしまう可能性もあります。

今働いている会社やこれから働くであろう会社で、幸せになれるかどうか考えてみましょう。

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました