仕事をやめることは甘えか逃げか?早いうちにやめて退職代行に無料相談

「入社したばかりの会社をやめるのは言語道断だ」

「新卒だけど合わないから早く転職(退職)したい」

実際に晴れて大学生活が終わり、念願の企業に就職できたとしても、その環境が合わず、「やめてしまいたい」と思うかもしれません。

人間関係が合わないか、残業が多いか。仕事上のミスが多いか。

また、給料が少ないから生活費がギリギリだから退職したいという理由もあるかもしれませんね。

 

→無料の退職代行サービスを見てみる!!(女性のかたはこちら)

※男性のかたは記事下

 

仕事をやめることは甘えか逃げか?

 

結論から、仕事をやめること自体は甘えでも逃げでもありません。

感じることは人によって違うからです。合わないことがあって当たり前です。

例えば、あまりにもやめたい環境におかれた場合は自分であったらどうでしょうか。

実際にこんな記事を見かけました。

 

今年の4月に入社したばかりの新卒です。

既に退職を検討しています。昨日から会社も休んでいます。

無断欠勤で、自分の上司に当たる方からも連絡は来ているのですが、それにも出ていないというような状況です。

このまま退職をすることを検討しているのですが、入社三週間で退職するのは流石に甘えだと思いますか。

無断欠勤をしているということもあり、今更出勤するのも気が引けています。

引用元:『キャリアや転職に特化した匿名相談サービス』

 

理由にもよりますが普通に勤めていれば、三週間で自分はやめるとは思わないでしょう。

あまりにも辛い職場環境だったのかもしれません。

とくに、入ってからすぐに無断欠勤するという例は相当なケースでしょう。

新しい環境が合わず精神衛生面でかなり疲弊しているようにも感じ取れます。

 

会社を退職するなら早いうち

相原さん
相原さん
仕事を続けるとやめづらくなります!

 

そのまま仕事を続けると役割意識が芽生えてしまうので、会社をやめづらくなります

変に人から頼られるようになったりで、「自分がいなかったら会社はどうなるのか」という感情に自然になってくるからです。

また、手続きの面でも早く決断してくれたほうが会社のためでもあります。

ただ、次の会社の面接で「どうして三週間ですぐにやめたの?」というふうに訊かれるわけです。

また、「うちの会社でやっていけるかどうか怪しい」というふうにも思われるでしょう。

しかし、会社で働かなければ給料はもらえないし、生活もできないので、まずはどんな理由でもいいので、面接官がぐっとくるような言い訳を考えておきましょう(笑)

自分を守ることが最優先です。早いうちに退職して、自分に合う会社を見つけましょう!

 

まとめ

今の時代、仕事から逃げるのは決して甘えでも逃げでもありません。

昔の人はよく甘えだとか逃げだとか言います。

しかし自分を守ることが最優先なので、人の考えばかりにとらわれるのではなく、自分の価値観を大切にしましょう。

もしそれでも退職しづらい環境にいればこちらのサービスもおすすめですよ。

無断欠勤する理由を訊かれるのも億劫であれば代行してもらうことだってできます。

誰にだって連絡したくないときだってあります。

無料で相談してくれます。

 

→無料の退職代行サービスを見てみる!!(男性のかたはこちら)

※女性のかたは記事上

 

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました